■ご旅行中のおみやげ選びの時間とお持ち帰りの手間が省けます!
 旅先でのおみやげ選びは時間に追われて結構たいへんなもの。また、お帰りの荷物も増えてたいへんです。
 そんなとき、ご出発前にご注文いただければ、お帰りの日に合わせて、ご指定の場所に宅配便でお送りします。
 もちろん、ご旅行以外の方のご利用もOKですよ!
HOME 四国   県名をクリックして産直 一覧がご覧になれます。
                                                                                                             
このサイトはギフトランドとの提携サイトです。 サイト運営・管理:株式会社ZENカンパニー
北海道 東北 関東 甲信越 北陸 東海 近畿 中国 四国 九州 沖縄
海外・国内おみやげ情報  世界の有名ワイン  世界のチョコレート 
 
都道府県別観光情報:徳島県 香川県 愛媛県 高知県
■四国■写真をクリック
■すだち独特の芳香が食欲を誘います。
味わい深いしいたけにすだちを加え、佃煮にしました。
■コシの強さと滑らかな食感が自慢。
本場で一番人気の食べ方は、濃い口ダレを絡めた”生しょうゆ”。そのつゆをセットにしてお届けします。
■明治以降、菓子司に伝わり、愛媛の銘菓になりました。
タルトは、1947年に久松家初代松山藩主、松平定行公によって長崎から伝えられました。
■昔ながらの自然のおいしさを贈り物に。
さつま芋を良質な植物油でサラリと揚げた、カリカリの歯ごたえです。
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
県名をクリックして産直 商品一覧がご覧になれます。
 
 
 
徳島県

徳島といえば鳴門の渦潮。鳴門金時やすだちなどの農産物もいいですが、やはり海
産物のイメージがありますよね。その中でも鳴門の渦にもまれて育った鯛やわかめ
は全国的に有名です。
鯛は日本では魚の王様として親しまれていますが、それは色の美しさや鯛が「めで
たい」に通じるから。古代朝廷への貢献に用いられていましたし、その後も“上物”
として珍重されてきました。
しかし、江戸時代になると漁法の開発や運搬方法の発達で日本の中心、江戸に鯛が
集められるようになり。庶民の間でも大人気になったようです。
その中でも鳴門の鯛は身が締まっているということで評判でした。鯛の淡白な味わ
いがその身の弾力で食感でも美味しさが楽しめるということでしょうか。
いずれにしろ、鯛は塩焼きはもちろん、刺身や潮汁、寿司にみそ漬けと料理の幅も
広く、それだけに他の魚と比べて人気が高いのも頷けます。

香川県

香川県といえば、やはり讃岐うどんでしょう。ローカルグルメだった讃岐うどんで
すが、今やすっかり全国区になり、東京にも専門店が続々できるなどブームになっ
ています。
ブームの発端はやはり『恐るべきさぬきうどん』という、もともと香川県のタウン
情報誌「TJ Kagawa」に連載の「ゲリラうどん通ごっこ」を単行本にしたものの存
在でしょう。たかがうどんとあなどるなかれ、日常的にうどんを食べている讃岐の
人たちのこだわりぶりが興味深い内容になっています。
とにかく地元では喫茶店でもうどんが食べられ、香川県人が一年間に食べるうどん
玉の数は130玉といわれ、これは全国平均の4倍だというのですからすごいですね。
なぜ、そこまで普及したのかはいろいろ説があるようですが、小麦の産地であった
ことや出汁のいりこが獲れたこと、醤油・塩作りが盛んだったことなどが挙げられ
ています。
讃岐うどんの特徴は何といっても麺のコシと風味豊かな出汁。ですから余計な具は
いれずに、まあ薬味にネギを入れる程度で召し上がる方が多いようですね。香川へ
行かれたときは、ぜひ本場の“熱い”うどんをお召し上がり下さい(^^

愛媛県

愛媛といえば、やはりみかんですね。最近は外国産のオレンジもいろいろ出回って
いますが、やはり日本の秋から冬は、みかんが一番なような気がします。あのふっ
くらして、甘みがたっぷりな果実は、冬場のビタミン補給としても欠かせません。
みかん(温州みかん)と一口に言っても数々の品種があり、今月10月あたりから出
荷されるのは「日南1号」というものだということです。大玉でしっかりした味わ
い。みかん好きで冬が待ちきれない方にはぴったりかもしれませんね。
みかんって1個1個で甘かったり酸っぱかったり、微妙に味が違いますよね。そん
なみかんの味を判定する「味センサー」というものが、産地にはあるらしいですよ。
それは光センサーとも呼ばれ、特殊な波長の光を使ってみかんを選別します。みか
んに含まれている糖・酸などの成分は、それぞれによって吸収しやすい光の種類が
異なっているということで、そういった光の特性を利用して開発されたシステムが
味センサー。やはり餅は餅屋、いやみかんはみかん屋(?)というところでしょうか…。
これからはどんどんみかんが美味しくなる季節。たくさん食べたいものですね(^^

高知県

高知といえば鰹ですよね。一本釣りで釣り上げられた鰹を、藁の火で表面を炙った
タタキの味はまさに豪快そのもの。
タタキがどうして食べられるようになったかというと、かつての土佐藩ではカツオ
の刺身は禁止されていたらしいですね。そこで火で炙るタタキが食べられるように
なったのだそうです。
魚の目利きがうまい人に聞くと、鰹は大きい方がいいそうです。大きいと大味だと
思われがちですが、鰹の場合はそうではないということですね。そして切り身を買
うなら、やはりできるだけ身が赤いものを選ぶといいそうですよ。
ちなみに先日テレビを見ていたら、鰹は釣り上げられた瞬間に横縞が縦縞になって
いました。ただすぐに元の横縞になってしまうので、我々消費者はまず見られない
とのこと。鰹ってマギー○郎の手品みたいですね(^^;