■ご旅行中のおみやげ選びの時間とお持ち帰りの手間が省けます!
 旅先でのおみやげ選びは時間に追われて結構たいへんなもの。また、お帰りの荷物も増えてたいへんです。
 そんなとき、ご出発前にご注文いただければ、お帰りの日に合わせて、ご指定の場所に宅配便でお送りします。
 もちろん、ご旅行以外の方のご利用もOKですよ!
HOME 関東   県名をクリックして産直 一覧がご覧になれます。
                                                  
このサイトはギフトランドとの提携サイトです。 サイト運営・管理:株式会社ZENカンパニー
北海道 東北 関東 甲信越 北陸 東海 近畿 中国 四国 九州 沖縄
海外・国内おみやげ情報  世界の有名ワイン  世界のチョコレート 
 
都道府県別観光情報:茨城県 栃木県 群馬県 千葉県  埼玉県 東京都 神奈川県
■関東■
■水戸を代表する銘菓です。
上品な白餡とぎゅうひを甘酸っぱいしその葉で包みました。
■全国菓子大博覧会金賞受賞!
しっとりと焼き上げた生地につぶ餡をサンドしました。やわらかな口あたりのほど良い甘さは、お茶うけにぴったり。さすが大賞受賞の銘菓です。
■上質な小麦でできたコシのある光沢麺。
上質な小麦と榛名山麓からの湧き水を使って練り上げたコシのある光沢麺を、野菜や天ぷらなどを合わせてどうぞ。
■千葉県八街の名産、落花生。
その中でも王様と呼ばれている半立種は、甘み、香ばしさ、歯ごたえが違います。
茨城県 栃木県 群馬県 千葉県
■甘さ控えめで、大人好みの味わいです。
ドライフルーツとナッツをぜいたくに使い、サクッとした食感に仕上げたフレンチタイプ。
■さすが和の最強コンビ。
つぶ餡の甘さとお茶の苦味が作り出す絶妙な味わいは、さすが、和の最強コンビ。
■厳選和牛を独自の製法で焼き上げました。
「ローストビーフの店 鎌倉山本店」は、鎌倉山の自然の中にその静かな佇まいがあります。丁寧に焼き上げたローストビーフは創業以来、情熱を傾け続けた自信の逸品です。
東京都 埼玉県 神奈川県
県名をクリックして産直 商品一覧がご覧になれます。
 
 
栃木県 「日頃不摂生しているオトーサンに食べてほしい苺」

栃木にも名物はたくさんありますよね。宇都宮なら餃子、そして佐野ラーメン、じゃがいも入りやきそば…農作物では、苺の「とちおとめ」が全国的に知られたブランドですよね。
苺といえば、かつて「女峰」や「とよのか」が主力でしたが、各地に新しい品種も数々生まれ、栃木の「とちおとめ」もその一つです。粒は大きく、そして酸味が少なく甘い、見た目も光沢のある鮮やかな赤というふうに、この品種はまさに現代人の嗜好にぴったりあったものでした。
苺はバラ科の植物です。実はリンゴや梨も同じバラ科なんですね。果物の中で人気は1、2を争うくらいで、ケーキに苺は欠かせません。皮をむかずにそのまま食べられるという手軽さも人気の秘密なのでしょうか。
特に女性やお子様に人気がありますが、中年のオヤジさんにもぜひ食べて頂きたい。というのも、苺に含まれるペクチン(食物繊維)は血中のコレステロール値を下げ、善玉コレステロールを増やす働きがあるので、成人病の予防に有効なんですね。お酒もいいけど、朝食に少し苺を食べるだけでもずいぶん違うと思いますよ
群馬県  「カカア天下に空っ風・下仁田ねぎに下仁田こんにゃく」

群馬県の下仁田には二つの有名な名物がありますよね。それは「下仁田ねぎ」と「下仁田こんにゃく」。どちらもその土地でしかできない逸品で、ほかのところで栽培しようとしても、同じものはできないそうです。
「下仁田ねぎ」は普通の長ネギに比べるとすごく太くて、熱を加えると甘みが増し、鍋物などにぴったりのネギです。畑の近くにいけば、ネギの香ばしいかおりが鼻をくすぐるほど、その香りも楽しみの一つですよね。
一方の「下仁田こんにゃく」はまずこんにゃく芋の栽培から始まります。これが案外手間がかかるもので、ある程度の大きさになったものを、いったん掘り起こして保存し、また植えるなどの手間をかけてはじめて大きな芋に育つそうです。
こんにゃくは低カロリーなので、ダイエットしている女性にはぴったりの食品ですよね。しかし女性ばかりではなく、昔から「身体の砂おろし」という表現をされるように、食物繊維が豊富なので、体の老廃物をきれいにしてくれる健康食でもあります。結果的に大腸ガンの発生を防ぐことになり、当然便秘にも効果的というわけです。
上州群馬は「カカア天下に空っ風」と言われますが、女性が強いのは、こういう女性にいい食品をたくさん食べているからかもしれませんよ
千葉県  「水はけのよい土地柄が落花生を育てる」

千葉といえば落花生。それもそのはず、県別の生産高で千葉は5割近いんですね。なぜかといえば、やはり風土。千葉は関東ローム層の火山灰土の赤土とからっ風で、落花生の生育にはぴったりの風土なんです。
落花生は一応ナッツに分類されていますが、実は他のナッツ、アーモンドなどと違い、木の実ではありません。ではどのように実がなるかというと、花が咲き、その花が枯れると、花の根元から子房柄と呼ばれる紐のようなものが伸びて、それが地面に潜って実(豆)がなるんですね。まるで花が落ちてできるようなので、“落花生”と呼ばれるわけです。
落花生、ピーナッツは世界中で栽培されていますが、その利用のされ方はいろいろで、たとえばアメリカでは半分以上がピーナッツバターに加工されるのに比べ、日本では、6割近く煎り豆として消費されます。ちなみにヨーロッパでは、植物油の原料になることが多く、東南アジアやアフリカでは、スープにまぜたりして主食用に消費されています。
ナッツ類はほとんどそうなんですが、落花生も栄養抜群。体に良いリノール酸などを含む脂肪が50%、タンパク質は約30%も含まれています。
栄養もさることながら、何より独特の風味は食べ始めたら止まりませんよね。これからの季節ならビールのおつまみにぴったり。栄養のある落花生を。あなたもどうですか?
東京都  「何でもありの麺類の総合格闘技・ラーメン」

ラーメンというと札幌や博多が有名ですが、実は東京はラーメンのメッカだったりします。まあ、ラーメンに限らないですが、東京には地方のあらゆるグルメが集まり、ラーメンにおいても札幌ラーメン、博多ラーメンの老舗が店を出していたりするのですね。
しかし、それ以上に、東京のラーメンは日々進化しているようです。昔ながらの鶏ガラと野菜でスープをとって醤油ダレを合わせるという伝統的な東京ラーメンから博多風の豚骨スープを合わせたり、料亭で出すような高級な魚介出汁を使ったり、従来のラーメンの概念では収まらないラーメンが次々に登場しているのが、東京のラーメンなんですね。
同じ麺類のおそばやうどんは、ほぼ素材の組み合わせが決まっていますが、ラーメンはまだそれほど伝統がない分、自由に何でもやれるようです。そばやうどんが伝統的な相撲だとすると、ラーメンは何でもありのプライドみたいなものですね
店主も脱サラから独学の人もいますし、日本料理や西洋料理のシェフだった人の転職した人もいます。それだけにラーメンに自分の技術や思いをぶつけるわけですから、水準が高くなっているのでしょう。
ラーメンブームは去ったという人もいますが、今もブームではなくすっかり食生活根付いているのがラーメンと言えそうです。有名ラーメン店のラーメンは、パックにして売り出しているところも多いので、東京のお土産としてラーメンというのもおもしろい選択ですよね(^^
神奈川県  「中華街の道路じゃなくて、周辺の道路が傾いている…」

神奈川県といえば横浜、横浜といえば中華街を思い浮かべてしまうのですが、この中華街、ご存知の通り、幕末の横浜開港をきっかけに誕生したのですね。開港当時、日本人は西洋人相手に商売をしようにも言葉が分からず、西洋人も日本語が分からない…そこで、その仲介をしたのが、香港・広東・上海の西洋商館で働いていた中国人だったというわけです。
中国料理には主なものに、広東料理、上海料理、四川料理、北京料理などがありますが、中華街は広東料理が多いようです。それは横浜に進出してきたのが華僑だったからで、華僑のふるさとは広東なんですね。
ところで、中華街には東・南・西・北に門がありますが、それは日本でも今流行っている風水に基づいているんですね。昔、中国の皇帝が城を築くとき、城内に入ってくる悪しきものから守るため、東南西北にだけ通路を開いて、それぞれに門衛を置きました。それらは陰陽五行に基づく色である「青赤白黒」で彩られ、さらに各方位の守護神である四神を据えました。つまり東は青で青竜神、南は赤で朱雀神、西は白で白虎神、北は黒で玄武神というわけです。
中華街の道路は周辺の道路に比べて傾いていますが、これはちゃんと東・南・西・北の門に合わせているからなんですね。とにかく中華街に入ると活気に溢れていて、そこら中から良い臭いも漂ってきて、何だかワクワクしてしまいますよね。お土産品も多いですから、ぜひ訪れてみてくださいね