■ご旅行中のおみやげ選びの時間とお持ち帰りの手間が省けます!
 旅先でのおみやげ選びは時間に追われて結構たいへんなもの。また、お帰りの荷物も増えてたいへんです。
 そんなとき、ご出発前にご注文いただければ、お帰りの日に合わせて、ご指定の場所に宅配便でお送りします。
 もちろん、ご旅行以外の方のご利用もOKですよ!
HOME 中国   県名をクリックして産直 一覧がご覧になれます。
                                                                                                             
このサイトはギフトランドとの提携サイトです。 サイト運営・管理:株式会社ZENカンパニー
北海道 東北 関東 甲信越 北陸 東海 近畿 中国 四国 九州 沖縄
海外・国内おみやげ情報  世界の有名ワイン  世界のチョコレート 
 
都道府県別観光情報:鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山 口県
■中国■写真をクリック
■新鮮な甘えびを生地に練りこみました。
青のりの風味とパリッとした食感が人気のせんべいです。
■無添加ならではの、そば本来の味わい。
そばの香りを大切にするため、そばの実を外殻のついたまま石臼で自家製粉。打ち粉でそば湯も楽しめます。
■おかずに、酒の肴に大活躍です。
三杯酢に漬け込んだ人気の焼きままかりと、ままかり酢漬けセットに。
鳥取県 島根県 岡山県
■歴史ある尾道ラーメンの特徴は、豚の背油が浮いたスープ。
見た目はコッテリ、食べればサッパリ醤油味。歯ごたえのある麺との相性抜群です!
■酸味と甘味を堪能できる一品です。
太陽の恵みをたっぷり浴びた夏みかんのジャムを、ふんわやわらかなシフォンでサンドしました。
広島県 山口県
県名をクリックして産直商品一覧がご覧になれます。
鳥取県  「東のズワイも鳥取では松葉」

鳥取といえば何言っても「松葉ガニ」ですね。まさにカニの女王と呼ばれるくらい、繊細で旨味たっぷりのカニの超有名ブランドです。
実はこの松葉ガニは標準和名を「ズワイガニ」といい、福井あたりで獲れると「越前ガニ」ということになります。松葉ガニの名前の由来は、 木枯らしが吹いて、松葉が落ちる頃に獲れるカニだからとか、 松葉のように細く裂けるからとかいわれ、定説はないようです。
もともと日本人はカニ好きですが、この松葉ガニや越前ガニには特に思い入れが深いようですね。その繊細な甘みが日本人好みということもありますし、クモガニ科に属するだけ合って、脚が長く立派で、食べ応えがあります。
新鮮なものなら焼きガニに、しかしカニは鮮度が落ちるのが早いので、浜茹でにされることが多いですよね。脚肉の旨さは当然ですが、ほかにうちこ(卵巣)、かにみそ(肝膵臓)の味は格別です。かにすきやかにしゃぶ、あるいはみそ汁などにして、旬の冬にはたまらない味ですね(^^
島根県  「出雲のそばはよく噛んで味わえ」

全国に有名なそばは多いですが、出雲そばもその一つ。しかも結構個性的なおそばです。まず見た目が黒い。これは玄そば、つまり殻つきのそばの挽きぐるみを使うからなんですね。
普通のそば粉はそばの実の挽く場所によって粉を選別し、中心の白い部分はいわゆる更科粉と呼ばれるわけです。しかし、出雲そばはその選別をせずに使うんですね。それだけに香りが極めて高く、栄養価にも富んでいるのが特徴です。
食べ方はほとんど割子そばか釜揚げそばのどちらか。割子そばとは、漆器に盛られたそばに好みの量の薬味とそばつゆをかけて食べる食べ方。シンプルと言えばこれほどシンプルな食べ方はありませんが、素朴な出雲そばらしい食べ方といえるでしょう。
したがって、いわゆる江戸っ子風に、そばにほんの少しだけつゆをつけて、あまり噛まずにすする食べ方は御法度。出雲そばは、よく噛んで、その風味をしっかり味わうというのが流儀です。
ところ変われば品変わる…。しかし、そば本来の味を確かめるには一番いい方法かもしれませんね。
岡山県

岡山といえば「桃太郎」で有名ですよね。これはきっと岡山が全国有数の桃の産地
であることに起因しいてるのでは…。
桃といってもいろいろ種類がありますが、岡山は何といっても白桃。これは明治32
年岡山で生まれた品種なんですね。甘さはもちろん、少し渋みが全体の味を引き締
める非常に美味しい桃です。
新しいところでは清水白桃が有名です。こちらは昭和7年、白桃と岡山3号の混植
園で発見された偶発品種です。形もいいし、甘くてジューシー、現在ではすっかり
この桃が岡山の桃の主流になっています。
古来から中国では、桃には神聖な力があるとされていました。仙人が食べる“仙桃”
には長寿の力があるとされています。そういえば桃太郎の伝説も、一説には、桃を
食べたおじいさん、おばあさんが若返って桃太郎を生んだという話があるくらいで
すから、人々の間に、桃の回春の力は広く信じられていたのでしょう。
また、神話のイザナギが黄泉の国から逃れるときに呪術的に投げたのも桃。これは
桃太郎の鬼退治につながるのかもしれません。
神秘的な桃、あなたもいかがですか?

広島県

広島のお土産といえば、やはり「もみじ饅頭」が圧倒的に有名ですよね。この饅頭
を一挙に全国的に有名にしたのは、やはり漫才のB&Bではないでしょうか。広島
県出身の島田洋七さんがギャグで「もみじまんじゅう」を連呼していたわけで、圧
倒的な漫才ブームの中、「もみじ饅頭」は誰しもが知る広島の名物となりました。
そもそもの起源は、明治時代に伊藤博文公が宮島を訪れた時に娘さんの可愛い手を
見て「もみじのように可愛い手だ」と言われたのを聞いて、もみじのお菓子が創作
されたと言われています。
最初に作ったのは高津常助さんという方で、明治40年だったということです。こ
の饅頭は、次の日でも柔らかく美味しく食べられると評判になり、そういう意味で
もお土産にはぴったりだったのかもしれません。
広島にはもちろん、その他にも牡蠣やお好み焼きなども有名ですが、やはりお土産
としては、この「もみじ饅頭」に一歩譲るような気がします。

山口県

山口県といえばやはり「ふぐ」でしょう。ただし地元では「ふぐ」ではなく「ふく」
と濁らずに呼ぶそうです。つまり「ふく=福」なんですね(^^
ふぐの身は弾力が強いため、刺身の場合、普通薄造りにしていただきますよね。そ
れが鍋になると、ちょっと魚とは思えない独特の歯ごたえとなって、私たちを楽しませてくれます。その淡白な味わいと旨味で病みつきになる人も多いようで、そういう人たちに言わせると、ふぐは他の魚とは全く別格なんだそうです。
確かにふぐは他の魚と旨味の構成物質が違っていて、普通の魚の場合、遊離アミノ
酸なんですが、グリシンとリジンによる独特の甘みが特徴なんですね。
また、毒を持っていることが、そういう思い入れを強くさせるようで、「ふぐは食いたし、命は惜しし」という言葉があります。毒が強くなるのは産卵前で、あまり速く泳げないふぐにとっては自己防衛のための武器なんですね。